alsoinfo’s blog

貧乏は治る病です。

AI時代に生き残るために

f:id:alsoinfo:20170808215731p:image

AI時代に生き残るために


こんにちは、

皆川です。


これから、ちょっと恐ろしいビジネスの未来のお話をします。

信じられないかもしれませんが、
残念ながら予想されている未来のお話です。

 

AI(人工知能)が進出し、
多くの仕事がAIに奪われるかもしれない。

この事実は、もうご存知でしょう。


ですが、もっと恐ろしい話はここからです。


AI時代に本格的に突入すると、
2極化すると予想されているのです。


どんな2極化かと言うと、

「AIを活用して、ビジネスを発展させる人」

「AIのメンテナンスをする人」


に分断されるということです。

 

つまり、

AIを使う側と、AIに使われる側
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
になるということです。


AIが実際に社会の中心になると、
確かにこんな図式になる可能性は高いですよね。

 

もし、こんな時代が本格的に来たとしたら、
あなたは、どちら側に入りたいでしょうか?

 

このメールをご覧になられているくらいですから、
きっと前者と答えるのではないでしょうか。

 

では、どうすればAIの奴隷にならず、
AIを活用してビジネスをしていくのか。


その鍵が、「創造力」です。


創造力とは、
新しい発想やアイディアを生み出す力のことです。


エジソンスティーブ・ジョブズなど、
天才と呼ばれる人達は、この創造力が優れています。


AI時代に突入すると、
創造力の高い人が重宝され、
活躍の場はどこにでもあるのですが、

逆に、創造力のない人は、
メンテナンスに回るというのです。


ちょっと恐ろしいですが、安心してください。


創造力は、限られた人達、
生まれ持った才能、センスだと思われていますが、実は違います。


創造力は、意図的に高めることができ、
新しい発想や革新的なアイディアを出すことは、
誰にでも簡単にできるようになるのです。


その方法を教えてくれる世界的な権威がいます。


あのアンソニー・ロビンズが何度も自分のセミナーに登壇要請し、
自らも学び続けている、スタンフォード大学の心理学博士です。


その博士が教える心理学を、
期間限定で無料公開されています。


あなたの創造力が高まり、
アイディアがザクザク降ってくる感覚を手に入れたら、
もうAI時代が来ても恐れることはありません。


アンソニー・ロビンズも学んでいる世界基準の心理学を、
まずは体験してみてください。

http://directlink.jp/tracking/af/1486815/bxWmHpZ3-YQ8zzqpZ/